格安バーチャルオフィスを比べてみました!【ランキング形式】

ホーム > バーチャルオフィスとは > 起業をする際に初期費用を大幅に抑えられる

起業をする際に初期費用を大幅に抑えられる

ビジネスのやり方が多様化し、小さな規模でも会社を興すことが可能になりました。
その代わり悩みとしてついて回る1つが会社の登記に必要な本店の所在地です。自宅の住所を記載する方もいますが会社の情報として公になる情報のため、自分のプライベートにかかわる住所を使うのはなかなか厳しくなります。レンタルオフィスやバーチャルオフィスを活用して気兼ねなくできるだけ簡単に会社を立ち上げましょう。実際に場所を借りて小さな事務所を設けるレンタルオフィスとは異なり、バーチャルオフィスは実態の机や椅子などはないこともあります。
電話を受けてくれる機能と、郵便物を管理してくれる機能を最小構成としてサービスが付随していることがほとんどです。
サービスがオプションでたくさん選べるところを選ぶと初期費用が抑えられるメリットがあります。

実際に人に電話を取ってもらう必要がある電話応対のコストはそれなりにかかります。
但し、平日だけ・昼間だけなど時間を限定したり受けた本数分だけ従量課金にできる場合があります。残念ですが会社を初めてすぐに対応しきれないほどの問い合わせが来ることは稀です。オンラインサイトで何かを販売するケースであれば一次対応をメールにしてしまえば電話の件数はぐっと減ります。
事業規模と事業形態に合わせた頻度が想定できればいたずらに長時間人を確保しておく必要もありません。事業が軌道に乗って一定数の電話がかかるようになった時、高額にならないよう、先まで見越した料金を選びましょう。オプションがいろいろ用意されていると会社の成長のタイミングに合わせて料金を柔軟に調整できます。

利用するサービスをギリギリまで削るのは一つの策ですが名刺の印刷や応接場所や作業場所の確保など結局必要な準備も発生します。
初めからわかっているのであればオフィスの利用料とセットにして単価を下げるのも賢い手です。まとめることが可能であれば支払いが一括になり管理もしやすくなります。個別で業者を探す手間が省けるのはもちろんですが各々サービス別で探すと合計した後で結局高くなる事態を防ぐことができます。プラスアルファのサービス内容はオフィスによっても異なるため単なる部屋の料金だけでなく必要となる初期費用を合算して検討すると失敗がありません。
せっかく起業をするのに準備段階で躓いてはもったいないです。オプションやセットをうまく活用して企業家の1歩を踏み出してください。

次の記事へ

ページトップへ