七呂建設の今後の取り組み方法とは

七呂建設とは、鹿児島にある建設会社です。設立から半世紀以上に渡り鹿児島を中心に活躍の場を広げています。注文住宅や住宅事業を主に行っています。大震災をきっかけに組織化された住宅研究会にも加盟していて、強い住宅づくりに力を入れている会社です。七呂建設の特徴としては、手がけている家すべてがZEH標準仕様となっていることです。国が推進する省エネ住宅に早くから注目してそれに対応したもので、それをベースにオリジナルブランドも立ち上げており、環境と家計にやさしい家づくりに勢力をあげています。七呂建設の商品プランはすべてがオリジナル性に優れていて、そのどれもが住む人を第一に考えた内容となっています。客のニーズに答える対応力が優れていることも七呂建設の特徴のひとつだと言えます。

商品プランから見える住人への真心

七呂建設は、依頼したお客からの評価がとても高いと評判のある会社です。その理由は商品プランを見ても伝わってきます。たとえば、仕事を持っている働くお母さんのために作られた家があり、仕事に行く前や帰ってから行う家事の作業がスムーズに行えるようにと考えられています。家事を行う際にできる導線に工夫が施されていたり、掃除がしやすいなどの工夫もあったりと、痒いところに手が届くような住宅プランがあります。その他にも家を購入した後のローン支払いにまで配慮の届いた住宅プランがあるなど、お客さんのことを第一に考えたプランばかりが揃っています。打ち合わせ時にも、資金面の話もしっかりと伝えることや、お客から提示される希望のプランにも親身になるなど、常に誠実で丁寧な対応をされています。ひとつひとつの真心ある対応が良い評価へ繋がっていることがわかります。

省エネ住宅と共に活躍の場を広げていく

先ほど述べた、国が推進する省エネ住宅には、太陽光発電システムが不可欠となります。普及率も上がり太陽光パネルを設置している家は昔に比べて目にする機会も増えていますが、まだこれからどんどん普及していくと考えられています。七呂建設の手がける家にも太陽光発電は導入されています。設備などの整った省エネに特化した住宅づくりでコスト削減をはかるだけではなく、今後の取り組みとしては、電力収支ゼロの住宅を目標にかかげています。また、以前から新築住宅においてZEH50パーセント以上にするなども計画していて年々成果をあげています。近年では鹿児島県以外で宮崎県にも進出するなど、事業の拡大で活躍の場も広がりをみせています。いずれは海外への進出も目標とされているので、今後のさらなる活躍にも注目が集まります。