七呂建設のアピールポイントを紹介

七呂建設は本社を鹿児島県に構え、九州を中心に幅広く活躍するホームメーカーです。鹿児島や熊本、南九州には多数のモデルハウスがあり、おしゃれで便利そうな外観の家が印象的です。そんな七呂建設には家を建てるうえで沢山のこだわりがあります。一番のこだわりは地震に強い家です。阪神大震災より、研究と実験を重ねながら地震に強い家を造るべく、日々努力し続けています。地震に強い家づくりの要素として、地盤調査から始まり、家の土台と土台の通気性にこだわり、素材にこだわり、耐震にこだわり、柱やパネルにも最強の素材で実験と研究から選び抜かれた材料を使います。実物大震動実験では、阪神・淡路大震災クラスの揺れを8回加えても、構造体にほとんど影響がなく、すぐれた耐震性能であることが実証されました。

内装の工夫で実際より1.5倍も広く使える家

誰しも広くて快適な家に住むのが夢ではありますが、広い空間を持つとなると、それなりに費用が多くかかるだけでなく、固定資産税も大幅に高くなります。七呂建設では、本来ではあまり使わない屋根や床下といった空間を活用しています。1.5メートルの高さまでは固定資産税をかけないという国の規定をうまく活用し、38坪にかかる固定資産税で57坪分の広さの家を建てることができるのです。普段使わない大切なものを収納するには、1.4メートルあれば十分ですし、1.4メートル以下の場合は階数には算入されませんので、建築費用と税金の両方を節約しながら、広い居住空間を得ることができるのです。従来普通だった2階建ての家に屋根裏、1階と2階の間の空間、そして床下にそれぞれ空間を設け、2階建て5層構造住宅という発想を実現しました。

子供との触れ合いを深める居住空間

七呂建設では、後悔しない子育て住宅として、かけがえのない親子の時間をより深く過ごす空間を提案します。新築住宅だけではなく、リフォーム住宅でも地球環境のことを考えた、家族と広々と暮らせる空間を叶えることができます。七呂建設のホームページの商品ラインナップを見ると、家づくりの発想に驚かせられますし、子供と大人がわくわくするような居住商品を知ることができます。ガレージを備えた家や、ガレージの屋根にまで太陽光発電システムを設置するなど、地球にやさしい、家計にやさしい家づくりといえます。モデルハウスを訪れれば、外観からは想像もつかないような居住スペースの広さに驚かされることでしょう。家事同線を意識して設計してくれますので、働くパパやママに家事の重労働が軽減するように計算された家です。