格安バーチャルオフィスを比べてみました!【ランキング形式】

バーチャルオフィスを格安で提供してくれる所を探す

近年、バーチャルオフィスを提供する会社が増えてきています。それに伴って、価格競争が起こっています。どの会社が格安でバーチャルオフィスを提供しているのかを調べるには、一つ一つの会社のホームページを調べていくというのはとても骨が折れる作業となります。

素早く短時間で格安のバーチャルオフィスを借りられる会社を探したいのであれば、ここの比較サイトを活用することをオススメします。ここの比較サイトの特長は、何といっても料金別にランキング形式でバーチャルオフィスを提供している会社を紹介していることです。上位にランキングしている会社ほど格安でバーチャルオフィスを借りられる会社であります。

そしてここの比較サイトのもう一つの特長としては、バーチャルオフィスに関する豆知識を公開していることです。そもそもバーチャルオフィスってどういったサービスなのか、どういった視点でバーチャルオフィスを選んだ方が良いのかといったポイントを惜しみなく情報公開しています。

株式会社Karigo

総合評価 ★★★★★
情報量 ★★★★★
利便性 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
公式サイトはコチラ

バーチャルオフィス比較検索サイトを運営している株式会社Karigoは、2006年8月より銀座三丁目店を1号店として営業を開始致しており、その後、中小企業からベンチャー、フリーランスなどの支援サービス指針に賛同して頂けるパートナー企業の協力の元、全国様々な拠点の運営者からの格安なバーチャルオフィス情報を掲載してます。ローコスト起業を考えていたり、節税対策などにも非常に有効です。また、システム化やアウトソーシングの利用などにより、専用のオフィススペースも不要になりつつある為、ビジネスのダウンサイジングにもお使い頂けるようになってますます。

挑戦するお客様の一員として、成長していく過程における雑多な業務をスマートに的確に対応していくツールやサービスを提供していこうと考えてます。挑戦者たるもの最前線での指揮や行動、創造が必要になってきます。挑戦者たるものは、挑戦者たる仕事に集中してもらうべく、バックオフィスのツールを提供してます。

株式会社Karigoは、将来的には、すべで電子的に処理されるか郵便を受け取る為だけの存在になるかも知れないです。そして、喫茶店や自宅ではないビジネススペースは、挑戦するのに必要なツールになってます。可能な限り日本全国の起業家やフリーランスの方々を支援するべく協業も含めて、挑戦できるベースを提供してます。顧客からの連絡、取引先との連絡は、やはりメールやチャットが普及しておりますが電話によるところも非常に多く残ります。その為、スタートアップから従業員数千名でも耐えうるよう設計された各種通信サービスを提供してます。各サービスは、電話番号をそのままにステージに応じて切り替えが出来る為、非常に柔軟な対応が可能です。挑戦のステージによって、通信のステージもあげていく事が出来るようになってます。また、一部番号の持ち込みも可能となってます。

バーチャルオフィスならKarigo

ユナイテッド

総合評価 ★★★★
情報量 ★★★★★
利便性 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ユナイテッド・オフィスは、法人会社登記ができる格安シェアの可能なバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスを利用することで、特定のオフィスに通うことなく、自宅や他の拠点でユナイテッド・オフィスから住所・電話番号やFAX番号を借り受け、活動ができます。届いた郵便物などはユナイテッド・オフィスから転送されます。

ユナイテッド・オフィスは、金融機関から信頼のあるバーチャルオフイスなので、銀行口座開設も可能です。また、法人、個人事業、サークルなどの拠点として、あるいは地方企業の東京サティライト・オフィスとしても格安で利用できるので、様々な人に需要があります。プライベート・カンパニーにももってこいです!

貸会議室や秘書電話サービスなどもあるユナイテッド・オフィスは、月々3500円からの格安利用ができるバーチャルオフィスです。貸会議室サービスは必要なときに必要な時間を予約して使うので、コストや時間ぼ削減にも繋がるといえます。

アセットデザイン

総合評価 ★★★★
情報量 ★★★★
利便性 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用満足度 ★★★★
公式サイトはコチラ

アセットデザインのバーチャルオフィスであれば、入会金をかけずにビジネスオフィスを借りる事が出来ます。オープニングキャンペーン中であれば、格安でビジネスオフィスを借りる事が出来るので、他のビジネス機器などに費用を充てる事が出来ます。

アセットデザインのバーチャルオフィスであれば、キャンペーンを上手く利用すれば半年間賃料が無料になります。格安でビジネスオフィスを借りる事が可能であると共に、契約にかかる費用がどれくらいであるかを明確にする事が出来ます。

アセットデザインのバーチャルオフィスでは、レンタルオフィスの空室状況をネットで確認する事が出来ます。希望の立地や間取りを簡単に調べる事が出来ると共に、管理費や賃料がどれ位かかるのかを知る事が出来ます。

NAGAYA

総合評価 ★★★
情報量 ★★★★
利便性 ★★★★
サービス内容 ★★★
利用満足度 ★★★★
公式サイトはコチラ

NAGAYAのバーチャルオフィス格安で利用出来、応援しあいながら実現していく、長屋風のおせっかいな関わり合いがある多世代型のシェアオフィス・ワークプレイスです。隠れ家的なシェアオフィス、オープンスペースから個室タイプ各種まであり、ここは、世代や職種を超えた様々な想いをもった人達が集まり、ひとつ屋根の下ならぬひとつ同じオフィスの中で、それぞれのスキルや人脈を出し合あって実現にお互いが自発的に協力をしてます。NAGAYA AOYAMAが目指す形は、まさに長屋という相互扶助的なしくみをもった、共有・共感・共創のプラットフォームです。 アイディアが煮詰まった時に、経験豊富なアドバイスをしてくれる家族のような方ががいらっしゃいます。家族ではないのだけれど大家族の信頼感のもと、お互いの能力と可能性を持ち寄り、ビジネスの種を育てあう場がNAGAYA AOYAMAです。

NAGAYAかわさきは、シェアオフィス・レンタルオフィス・バーチャルオフィス・貸事務所・個室としてご利用いただけます。昔、多くの商人や職人が住んでいた長屋での暮らしは、一つ屋根の下、井戸端会議が生まれるような豊かなコミュニケーションの中、お米やお味噌を貸し借りしたり、子どもや老人の世話を一緒にしたりと、お互いに支え合う長屋スピリットをワークプレイスも取り入れたいと考えたのがNAGAYA かわさきです。世代や職種を超えた様々な想いをもった人達が集まり、ひとつ屋根の下ならぬひとつ同じフロアの中で、それぞれのスキルや人脈を出し合って実現にお互いが自発的に協力をしてます。フロアに一歩足を踏み入れると、キッチンスタジオには、お料理教室、オープンスペースには、資格試験の勉強が出来る場所があり、ミーティングルームもございます。

シェアの仕組みによって導かれる利便性や経済性の共有に留まらず、シェアするという考えかた自体を共有することで、少しづつ実現出来るお手伝いをしていきたいと願ってます。事業内容としては、シェアオフィス事業、シェアキッチン事業、シェアスペー事業、 地域活性化事業など行ってます。他に地域活性化事業、海外進出サポートを行なってます。

ワンストップビジネスセンター

総合評価 ★★★
情報量 ★★★★
利便性 ★★★
サービス内容 ★★★★
利用満足度 ★★★
公式サイトはコチラ

ワンストップビジネスセンターでは格安で提供してるバーチャルオフィス事業、家具・インテリア・雑貨の輸入販売、インテリアコーディネート事業を行なってるワンストップビジネスセンターでは、全国23拠点、日本最大規模のバーチャルオフィスです。他のバーチャルオフィス事業者様と比較しても、劣ることのないほど、多くのお客様にご利用いただいております。

ワンストップビジネスセンターは札幌店から福岡店まで、全国23か所29室のレンタル会議室を準備し、会員様が全国どのレンタル会議室でもお気軽にお使いいただけるような体制を構築しております。 全国の各主要都市に拠点があるため、全国展開もしやすく、出張族やノマドの方々にご好評です。ITやシステムエンジニアの方々、経営コンサルタント、各種営業、在宅ワーク、弁護士や税理士など士業の先生から趣味の教室の方々まで幅広い職種の方にご利用出来ます。

2009年の創業より続々と出店しております。ま海外では香港店がございます。規模拡大を追求するのではなく、お客様の声やニーズに応えながら、高いサービス品質を保ちつつ、一店舗ずつ着実に出店をしてます。今後は仙台、千葉、埼玉、大阪梅田、京都、神戸、広島などの地域への出店も検討してます。ワンストップビジネスセンターのバーチャルオフィスでは、起業に必要な法人住所、無料の郵便転送、各地域の会員専用の電話番号、また電話秘書代行サービスまであらゆるサービスを提供しており、会員様は商品サービス作りや営業活動に集中し、事業を軌道に乗せることに集中していただけるようサポートを行ってます。複数の機能を組み合わせ、ご利用いただきやすいコミコミのプランをご用意してます。

FARO

総合評価 ★★★
情報量 ★★★
利便性 ★★★★
サービス内容 ★★★
利用満足度 ★★★
公式サイトはコチラ

FAROはバーチャルオフィスなどの住所の貸し出しやオフィスレンタルを格安で行っている会社です。問い合わせ電話は平日の13時から17時までの数時間となっているので問い合わせる際には時間に注意をしておきましょう。

バーチャルオフィスは自宅を法人登記できないといった場合や、フリーランスで活動をしているけれど自宅の住所は知られたくないといった人に向けて、東京都港区青山の住所が持てるサービスとなっています。都心に住所を持つ事で信頼感もアップします。

バーチャルオフィスのプランは4種類あって、サービスの度合いによって金額が変わるというシステムです。一番シンプルな法人登記と住所の利用、郵便物の対応などをしてくれるプランは一カ月あたりの料金が4900円と格安で使えるようになっています。

バーチャルオフィスを比較する際のコツ

日本経済の弱点のひとつと言われたこともあるのが、起業する数が少なく古くからある企業によって経済が動いていたことです。
起業をしても、競争力に負けてしまうと言ったこともありましたが、企業するための資金力がなかったこともその理由にあると言われます。つまり、キチンとした事務所を構えることで、売り込みが出来るのであって住所不定などの起業家では、信用が出来ないと言うことでした。
しかし東京のような大都市圏で、オフィスを借りるとなると莫大な費用が必要になって来ることから、つい二の足を踏んでしまう人も多かったようです。
地方の小さな経済力では、せっかくの起業も大きく伸びることが出来ず、東京のような大都市への進出を夢みる人も多いのでしょう。

その起業家が目指す東京のような大都市圏に、増えて来ているのがバーチャルオフィスです。
このサービスを利用することで、実際に仕事をする場所が自宅であった場合でも、オフィスが都内にあると示すことが出来、名刺にもバーチャルオフィスを現住所として記載することが出来ることになります。
しかしバーチャルオフィスもたくさん出現するようになっており、その費用とか使いやすさ、サービスなどの比較をキチンと行なってから、契約することが望まれます。都内の一等地だからと言う選択だけではなく、どの場所を選ぶともよりの駅から近いなどを調べることも、大事なことになって来るはずです。ですが、一軒一軒歩いて回わっていては、相当な時間を要することになり、かなり非効率なオフィスの探し方になってしまいます。

今の時代は、便利なことにインターネットからの検索で、たくさんの情報を知ることが出来ます。
このバーチャルオフィスを探す時にも、このネット検索を利用することが、時間をかけずに選ぶことが出来るコツの一つになります。
そこのはたくさんの比較サイトもあり、初期費用、契約金、月々にかかる費用、どんなサービスがあるのかが判かるようになっています。そして自分の希望にあったオフィスを数ヶ所ピックアップし、今度は実際に足を運んで見るとになります。自分の足で歩いてみて、自分の目で確認することで、納得した時点で契約することが、オフィス選ぶの方法になるのでしょう。
都内の一等地と言っても、たくさんの場所が考えられます。六本木周辺などは、かつてITが集まる場でもあったのですが、最近では広く拡散するまでになって来ています。自身の目的に合致した場所を選ぶことも、大事なことになって来るはずです。
そこには、モチベーションとが高まる場所でなければならないからです。

ページトップへ